事故

140キロで暴走した35歳会社員は誰?名前は?原因がヤバい!!罪はどうなる?京都市右京区で酒気帯び運転

クジラ速報です!!

今回取り上げる話題はなんと一般道で140キロもスピードを出し、39歳の会社員の男性をはねた事故についてになります。

この事故で39歳の男性会社員は亡くなってしまっています。

逮捕されたのは35歳の男性会社員です。

一般道で140キロ出していてはこれはもう暴走です!

高速道路でもあり得ないスピードですし、しかも酒気帯び運転だった事も判明し、起こるべきして起きた事故ではないでしょうか?

今回はこのような事故を起こした男性について・動機・罪はどうなるか?について調べていきますので最後までお付き合いください。

事故の報道について!

事故については京都新聞で報道されています。

報道内容は以下の通りになります。

京都市右京区で4日、歩行中の会社員男性(39)が乗用車にはねられて死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死)と道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで逮捕された会社員の男(35)=西京区=が事故当時、制限速度を90キロ上回る時速約140キロで暴走していた疑いのあることが28日、京都府警右京署への取材で分かった。

京都地検は同日までに、より罰則の重い自動車運転処罰法違反(危険運転致死)などの罪で男を起訴した。

起訴状によると、男は4日午前4時25分ごろ、右京区嵯峨柳田町の制限速度50キロの道路で乗用車を酒気帯び運転し、車を制御することが困難な時速135~140キロで走行して対向車線にはみ出し、近くにいた男性をはねて死亡させたとしている。起訴は25日付。

右京署の説明では、現場は桂川の堤沿いの道で緩やかな左カーブになっており、車は曲がりきれずに対向車線側の歩道縁石に乗り上げた後、男性を背後からはねて横転した。搭載されていたドライブレコーダーなどを調べたところ、男は事故現場までの約1キロの間、時速100キロ超で暴走気味に運転を続け、事故時にはブレーキをかけていなかったことも判明したという。

男は「京都市内のコンビニで缶ビール数本を飲んだ後、ドライブしていた。むしゃくしゃして、スピードを出したかった」などと供述しているという。

引用 ヤフーニュース

このような報道がされています。

酒気帯びですし、明らかな過失が認められると思います。

亡くなった方からすれば本当に許せないでしょうし、遺族の気持ちを考えると罪名についても自動車運転処罰法違反(過失致死)と道交法違反(酒気帯び運転)の疑いでは納得が出来ないのではないでしょうか?

飲酒の状態で、しかも140キロのスピードでは人を撥ねては不思議ではありません。

 

 

犯人の35歳男性は誰?名前は?

この事故を起こした35歳の男の情報ですが、色々なメディアを確認しましたが、実名報道はされていませんでした。

各種SNSでも情報を得る事は出来ませんでしたので、現時点ではネット上には情報は出ていません。

これだけの事故を起こしているわけですので、実名報道をしてもいいと思いますが、何故なんでしょうか?

会社員ですので、最近話題の上級国民ではないと思われますし、報道の意図が分からない事故です。

そもそも事故と言いたくはありませんが・・・。

明らかな事件だと考えます。

 

事故現場について!

事故があったのは京都市右京区になります。

詳細な情報としてはTwitterで情報が出ていました。

 

 

嵯峨美の近くの罧原堤とのツイートです。

調べてみたところ、 京都府京都市右京区嵯峨罧原町という地名がありました。

ここが事故現場の可能性があります。

 

原因がヤバい!!

事故を起こした原因ですが、男はむしゃくしゃして、スピードを出したかったと供述しています。

しかも京都市内のコンビニで缶ビール数本を飲んだ後です。

飲酒とスピードの出しすぎで制御が出来なくなっていたと思われ、ノーブレーキでひいている事もわかっています。

これでは事故が起きても不思議ではありませんし、むしゃくしゃしていたからってスピードを出してもいい理由にはなりません。

明らかに自己中心的な供述で遺族からすれば怒りしかないと思われます。

 

 

罪はどうなる?

今回の容疑は自動車運転処罰法違反(危険運転致死)と道交法違反(酒気帯び運転)になっています。

危険運転致死とは自動車の危険な運転によって人を死傷させた際に適用される犯罪になります。

人を死亡させた場合  1年以上20年以下の懲役

引用 刑事事件の弁護士カタログ

どうでしょうか? 短く感じませんか?

過去の判例を見てみても長い刑が言い渡された事例はあまりありませんでした。

熊本市南区で昨年4月、飲酒運転で男女2人がはねられ死亡した事故で、道交法違反(酒気帯び運転)と自動車運転処罰法違反(過失致死)の罪に問われた(略)に対し、熊本地裁(中山周子裁判官)は26日、懲役3年6月(求刑・懲役6年)を言い渡した。(略)

弁護士刑事事件

これは2018年に起きた事故です。

たったの3年6ヶ月ですよ。

運転前の飲酒によって正常な運転が困難な状態となり、交差点に停止していた自動車に衝突して炎上させ、被害者を死亡させた

この事故では懲役7年が言い渡されています。

これでは遺族の怒りはどこに向ければいいのかわかりませんよね。

なのでこの事故では正直殺人罪でもいいのではと思ってしまいます。

仮に飲酒状態ではなくても140キロのスピードを制御できるとは思えませんし、ましては飲酒です。

140キロではカーブなんて曲がれません。

起こるべきして起きていると考えられますので殺人罪にしてもらいたいです。

ただ殺人罪については以下のような定義があります。

殺人罪は故意犯である(刑法38条1項)。殺人の故意はなかったが、暴行・傷害によって他人を死に至らしめた場合には、殺人罪ではなく傷害致死罪となる。殺人の故意も暴行・傷害の故意もないが過失によって人を死に至らしめた場合には過失致死罪(または、その特別類型である業務上過失致死罪や重過失致死罪等)となる。

引用 WIKI

ポイントは故意があったのかどうかのようです。

今回の事故では飲酒をしてスピードを出していましたが、亡くなった39歳の男性を狙ったわけではない事から故意ではないと判断されたのかもしれません。

納得はいきませんが・・・。

 

ネットの反応は?

ネットではどのようなコメントがあったのでしょうか?

いくつか紹介していきます。

これって殺人で起訴出来ないんかな?
殺意がなかったとしても飲酒+かなりのスピードオーバー、これ誰が考えても人に当たれば死に直結するってわかるよね。
危険運転は間違いないとして殺人も視野に入れて捜査すべきだと思うんだが。

いつになったら飲酒運転は、無くなるのだろう!
本気に早急に厳罰化(懲役50年や罰金1000万円)にしないと絶対に無くならないと思います。犠牲者が増えるばかりですよね。
なぜ、本腰で司法を変えないのでしょう!
たくさんの被害者が出て、ほとんど泣き寝入り!の状態です。
死刑でもいいと思います。

まさに交通殺人と言っても過言ではない。殺人罪でさばいてほしいくらいの極悪非道な運転で人を死に至らしめても日本の法律では免許を永久に取り上げることはできない。ドイツのように免許を取り上げて二度と運転させない法律を作っていただきたい。

殺意がないと殺人罪にならないって
本当に意味不明。意思を証明する必要ある?
こんな速度で酒気帯び運転したら、
人を殺すかもしれないって
小学生でも分かることなのに?

酒に強い人って自分なりに「この程度なら酒気帯びだろ」「酒気帯びくらいなら大丈夫だろ」って勝手に決めてハンドル握る人が多いと思います。
もう酒気帯び運転なんて廃止して、一滴でも飲酒運転一発免許取り消し&懲役刑くらいでもいいんじゃないでしょうか?

酒飲んで気が大きくなり「事故しなきゃ大丈夫」「捕まらなきゃ大丈夫」って考え自体が大間違い

被害者の方が気の毒です。加害者の方は終身刑でお願いします。

このようなコメントがあり厳しい意見が多かったです。

 

 

まとめ

今回の事故では事故とは言いたくないと思ってしまいました。

明らかに飲酒をして140キロも出したらどうなるかの理解は小学生でもわかる問題です。

日本の法律は甘いというか、今後の為にも刑罰を厳しくしてもいいのではと思ってしまう事故でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

あなたにおすすめ