事故

京急電車脱線事故での賠償責任は誰?金額は?本橋道雄さん?会社?過去の事例は?

クジラ速報です!!

今回の取り上げる話題は朝から報道されている、京急電車脱線事故についてになります。

事故原因がなんとなく分かってきました。

トラックを運転していたドライバーの名前も公表され事故の詳細も見えてきています。

気になる部分でここまで大きな事故ですので、賠償は誰がするのか気になりましたので過去の例を元に調べていきますので最後までお付き合いください。

事故の詳細について!

事故の詳細については最新情報を元に書いた記事があります。

本橋道雄の顔画像は?事故原因について!細い道は関係あり?運転手が新人だった?クジラ速報です!! 今回取り上げる話題は京急電車とトラックが衝突した事故についてになります。 トラックを運転していた人物の名...

こちらを読んでください。

この記事でも簡単に説明すると、本橋道雄さんが普段車が通らない道を通っていた事が判明しました。

その後、踏切に入るときに看板にトラックをぶつけそのまま踏切に進入しました。

踏切内には異物を感知する装置が設置されており300メートル手前で信号機が赤だった事もわかっています。

また電車を運転する運転手は新人だった事も判明しています。

この2本の動画である程度の内容がわかります。

賠償責任はあるのか?

気になる部分ですが、過去の事例と弁護士の回答がありましたので掲載していきます。

事例1

昨年1月23歳の息子が列車事故で亡くなりました。駅から線路内に入ったようで線路上を歩き後ろからきた列車に気付くのが遅れ轢かれました。
今年2月に鉄道会社から連絡がきて事故の賠償金の支払い義務があるという事でした。自殺ではなく事故ということは証明され、けが人もなく最終電車だったので人件費と電車の修理費のみを請求されました。金額は約18万円です。決して払えない金額ではありませんし、確かに線路内に入った息子には否があると承知しています。ただ亡くなった息子に詫びの一言もなく一年以上経った今、賠償金を請求してくる鉄道会社側に納得いかないものがあります。
私たち家族は怒りでいっぱいです。
請求通り払うべきでしょうか?

引用 弁護士ドットコム

この事件では最終電車との事で、人件費を修繕費で18万の請求があった事例になります。

この文を見るると遺族としては納得していないようです。

確かに子供は亡くなってしまっていますので怒りがあるのは理解出来ます。

ただ、弁護士の回答としては

記載の事実からは、鉄道会社側に過失がある事案なのかどうか不明ですが、線路内に進入していた際の事故ですので、一般的にはご子息に責任がある事故と見えますので、相続放棄をしていない限り、責任は免れないですし、やむを得ないでしょう。

このように賠償責任はあるようです。

事例2

夫の件なのですが、踏切内にて脱輪事故を起こし電車を止めてしまいました。

すぐに踏切の停止ボタンを押し、警察を呼びレッカー車を呼び対応し、JRの器物には損害や人的被害は一切ありませんでした。

レッカー車が到着したものの、停止電車の車掌さんから高圧電流が流れている為、万が一引き上げ時にあたったら危ないという事で、JRの電圧を止める方が到着するまで二時間またされ、その間電車は運行が止まった状態でした。

警察は事件性がないという話で、不起訴となりました。

踏切脱輪事故の3日後、夫が亡くなりました。

夫が亡くなった為、妻の私がJRとのやり取りをしています。

器物に損害がなく、人的被害はないものの、予定していた線路工事が開始出来なかった為、損害賠償金が発生するとききました。

最初に問い合わせた際は、正式な金額を提示すると言われましたが、おおよそ100万と言われました。

お葬式が終わり、不安に思い再度早めに金額を知る事が出来ないか?JRに連絡をいれました。

振替輸送が発生した可能性を調べている為、おおよその金額は出ているが、一か月ほどで返答すると言われました。

対応はとても丁寧でしたが、1度目の連絡の際には聞かされなかった内容でした。

亡くなったショックで精神が不安定ですし死亡後の手続き、仕事もしています。

お薬をお医者さんにいただき、保っています。

事故から三週間経ちましたが、こんなに金額が出るまで待たされる物なのでしょうか?

交通の法律で踏切で、適切な処置を行った場合には、賠償金は発生しないという記事を読みましたが、これからどのような事が追加され、いくらの請求になるのか?

引用 弁護士ドットコム

今回のケースでは電車そのものには損害は無かった例になります。

予定していた線路工事が開始出来なかったことによる賠償責任が問われたケースです。

金額は100万とのことでした。

これに対する弁護士の回答は

提案された金額=適切な金額といえるかは分かりません。
内容を精査する必要があるでしょう。

弁護士に直接相談されることをお勧めします。

なお、自動車の任意保険に加入していた場合、保険適用の対象となる可能性があるため、保険会社へ問い合わせてみることをお勧めします。

このような答えになります。

金額に対する精査は必要との事ですが、賠償責任はあるようです。

事例3

泥酔状態で気づいたときには病院のベットの上でした(多数骨折他)

話を聞くと「線路上に倒れてた」とのことで電車を複数遅延させたとのことでした
また一緒に飲んでた友人に聞くと1件目終了時に頭から血をだして倒れてたため
最寄り駅までタクシーで運んでくれたそうですがそこからは一人になったとの事
飲み屋途中から記憶がなくどのような行動をとったか全く覚えておりません
数か月後に請求するとJRから連絡がありました

先生方には下記の質問となります。

1、電鉄会社から言われた通りの金額を払うしかないのでしょうか?
※交渉は可能か
2、自己破産による免除は可能か

引用 弁護士ドットコム

このケースでは電車の遅延に関する事例です。

回答としては

1について,一般論としては交渉の余地はあるはずです。しかしながら,大企業相手の場合,交渉しようとしても直ちに拒否されて,訴訟を提起されることが多いように思います。
もっとも訴訟になった後に(裁判官の提案で)多少減額してもらえる可能性はあるでしょう。

2については,破産法上の「免責不許可事由」に該当するかどうかが問題です。
詳しい事実関係をお聞きしなければお答えできない問題ですので,
ネット上ではなく弁護士と面談のうえで相談されることを強くお勧めしますが,
故意に倒れたのでなければ,免責される(破産によって支払い義務を免れることができる)
可能性があるように思えます。

このようになります。

賠償に関しては交渉の余地はあるようですが、賠償責任はあることがわかります。

今回のケースでは!?

事例で上げた通り、

電車に損傷を与えるとそれに対する賠償責任があること

電車の遅延に対する賠償責任があること

今回の事故では復旧工事が必要であること

このような事があげられます。

今回の事件では事例のすべてが重なる形になると思います。

事故の責任については少なくともトラックが侵入した事で電車の遅延は発生しています。

電車の物損ですが、電車の運転手のブレーキの問題が解決しなければ責任の有無はわかりません。

工事の必要性ですが、これは確実に必要です。

賠償の金額について!

今回の責任がドライバーだった場合は電車の本体の賠償もあると思います。

電車の運転手のブレーキに関する責任が誰にあるのかが問われるのではないでしょうか?

因みに本体の金額ですが、

「通勤電車は約1億円、新幹線は約3億円」と、1両当たりの新車価格の相場だそうです。

10両編成に通勤電車は、約10億円ですが、特急電車は、通勤電車より高く、7両編成で10億円を超えると言われています。
新幹線の16両編成で約40億~50億円になります。
1両の価格
JR東日本 E1系 日本初の2階建新幹線車両 3億6000万円
JR西日本 500系 初の営業時速300Km/H 2億9000万円
JR西日本 281系 特急はるかに投入 1億6000万円
JR九州 885系 振り子式電車 かもめなどに投入 1億8000万円
JR東日本 209系 京浜東北線などに投入 9000万円
JR西日本 223系 直流近郊型 1億2000万円

このようなデータを見つけました。

億単位ですね。

工事の費用・電車の遅延に関する金額については調べてもわかりませんでした。

誰が賠償するのか?

気になる部分ですが、事故の責任によってになると思います。

少なくとも事故が起きなかった場合でも電車の遅延はあったと思います。

問題は電車運転手のブレーキが正しかったかどうかではないでしょうか。

まとめ

今回の事故では損害賠償は億単位になると思います。

責任が誰にあるかで変わってきますが、相当金額になります。

ドライバーは亡くなってしまいましたが、遺族が責任を取る必要はあることがわかりました。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。