事件

豚コレラが発生!埼玉秩父の養豚場はどこ?被害額は?豚1頭いくら?流通価格は上がる?

クジラ速報です!!

今回取り上げる話題は埼玉の養豚場で豚コレラが発生した件についてです。

関東地方で確認されたのは初めてのことのようです。

680頭の処分が始まります。

今回は豚コレラが発生した養豚場の情報や被害額・流通価格は上がるのかについて調べていきますので最後までお付き合いください。

報道について!

報道についてはTBS系(JNN)で報道されました。

報道内容は以下の通りになります。

 埼玉県秩父市の養豚場から出荷されたブタが豚コレラに感染していたことを受けて、13日夜から豚の処分が続けられています。

埼玉県によりますと、今月11日に秩父市の養豚場から山梨県笛吹市の食肉流通センターに出荷されたブタが豚コレラに感染している疑いがあることがわかり、その後の国の検査で感染が確定したということです。

埼玉県はこの養豚場で飼育されている678頭のブタを14日中に処分する方針で、午前10時の時点で全体の46%にあたる314頭を処分したということです。作業はおよそ100人態勢で進められていて、16日までに消毒などを完了する見通しです。

豚コレラは去年9月に岐阜県で発生し、感染が拡大していましたが、感染拡大以降、関東地方で確認されたのは初めてのことです。

引用 ヤフーニュース

このようになります。

動画もありますので貼っておきます。

 

養豚場はどこだったのか?

秩父の養豚場ですが、どのメディアでも報道されていませんでした。

現場での取材は、本病のまん延を引き起こすおそれがあることなどから厳に慎むよう御協力をお願いいたします。

このようなコメントもあり非公開との事です。

被害額はいくらなのか?

被害額ですが公表されていませんでした。

当サイトで調査していくと、豚1頭の価格は1頭が3万円~4万5千円だということです。

今回は680頭の処分になりますので、単純に計算すると以下のようになります。

3万×680頭=2040万

4万5千円×680頭=3060万

参考サイトはこちら

ただあくまで普通の豚の価格ですのでブランド豚だった場合はもっと大きな金額になると思います。

養豚場としてはかなり大きな打撃になると思います。

流通価格は上がるのか?

今回の処分で流通量の減少はあると思います。

これまでとは飼育頭数が格段に多い地域で。価格が上がるね?

このような意見も出ていますが現在では報道などはされていませんでした。

少なからず影響があるのは間違いないかと思います。

ネットでの反応は!?

ネットでの反応を見てみました。

いくつか紹介していきます。

ワクチンあるならイノシシじゃなくて豚に打とうよ。ワクチン打つためにイノシシ捕まえようとして、怪我したり亡くなってる人もいる、のに大きいニュースになってない。
利権の絡む誰かが、ワクチン反対を唱えてる説を聞いた。
二年で清浄国から外れる、けど、実際は一年9ヶ月以内に発生を押さえて、かつ3ヶ月発生しないと清浄国でなくなる。現実的にはあと8ヶ月でおさまらないといけないけど、ムリだろ。
これ以上無駄な命が、失われる前にワクチン打つべきだと思う。

中国でも豚コレラが問題になっているようですから、
関連商品を輸入し続けていれば根絶できるはずもないですね。
確証できない状態で輸入を止めることができないというわけ?
貿易のデメリットですね。

猪対策 発生がない地域でも 数を減らすことを第一にお願いしたい! 金網を全農家に張り巡らしても 伊藤先生の言われる通り 病気を防ぎきれない! それで防げると考えた人達には責任を取ってもらい 人生を狂わされた農家に一軒ずつ謝って 元の生活に戻れるようにしてください。なぜこのようになったのか 犠牲になった農家の人達もいれて 総括して新たな対策をお願いします!

とにかく対応が遅すぎる。
岐阜で始まり愛知三重福井。岐阜で感染が確認されて野生イノシシにも感染有りの情報で岐阜の近隣の県はどうせ自分達の県内の養豚場は大丈夫だと知事や行政が簡単に考えていたんだろうなぁと思う。
それが瞬く間に広がりどうしようもなくなり感染した養豚場の豚を殺処分。全てが後出しになっているのが現状。
何故岐阜で感染が確認された時に感染経路や感染したらどうなるかを考えなかったのだろうか?
ましてや殺処分になった養豚場は殺菌処理して終わり。殺処分は強制的だろうね。
そこまで国や行政がやったなら養豚場が再建できるまで国や行政が全面的に支援しなければいずれ日本の養豚場は壊滅するだろう。
またブランド豚も無くなってしまう。
もっと早く国や行政が動くべき事案だったと思うのは私だけでしょうか?

このような意見がありました。

行政に対する批判もありました。

まとめ

今回の件では大きく広がりを見せています。

昨年9月9月、岐阜県の養豚農場で確認されたのを皮切りに愛知県、三重県、福井県など計39農場・研究所で感染が確認され、関連農場等も含め1府6県で豚13万頭あまりが処分されています

13万頭ですのでかなりの被害額になっています。

これ以上被害が広がらないように対策をしてもらいたいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

あなたにおすすめ