事件

羽山和宏と有布子の顔画像特定!借金額はいくらだったのか?長女はどこにいる?千葉県館山市

クジラ速報です!!

今回取り上げる話題は館山で起きた3歳の女の子が亡くなった事件についてです。

このニュースは朝の速報で流れていました。

内容としては父親が公衆電話で娘の首を絞めてしまったとの通報がきっかけになります。

朝の段階では事情を聴いているとの事でしたが、夜になり父親と母親を逮捕したとの報道がありました。

この事件で逮捕されたのは羽山和宏と有布子容疑者になります。

亡くなったのは3歳の次女ですので、長女がいた事がわかります。

ただ、長女については全く触れられていなかったのでどうしたのか気になるところです。

今回は事件を起こした羽山和宏と有布子容疑者について、長女の存在・借金額について調べていきますので最後までお付き合いください。

事件について!

事件については日本テレビ系(NNN)で報道されています。

報道内容は以下の通りになります。

千葉県館山市の空き家で3歳の女の子が死亡しているのが見つかった事件で、警察は1日、51歳の父親と40歳の母親を殺人の疑いで逮捕した。

逮捕されたのは警備員の羽山和宏容疑者と妻の有布子容疑者。警察によると、和宏容疑者らは1日午前1時ごろ、館山市の空き家になっている和宏容疑者の実家で、娘の有依ちゃんの首を絞めるなどして殺害した疑いがもたれている。

和宏容疑者は、1日午前3時すぎに「娘の首を絞めて殺した」と自ら通報していた。

調べに対して2人は容疑を認め、「借金で生活が困難になり、殺害した」「みんなで死のうと思った」と供述しているという。

警察は2人が無理心中を図り、有依ちゃんを殺害したとみて調べている。

引用 ヤフーニュース

このような報道になります。

動画もありますので貼っておきますので確認ください。

正直借金苦でこんな事件を起こしたのには残念でした。

市役所に相談するなどして助けを求めてもよかったと思ってしまいます。

そんなに借金苦であれば債務整理や自己破産の手段もあったと思います。

知識がなかったのかそれとも教えてくれる人がいなかったのかはわかりませんが、現状を変える方法はいくらでもあったのではと思ってしまいます。

私も子供がいるのでわかりますが、今月は子供手当の支給日です。

10日にはまとまったお金が入るはずです。

そこまで我慢できなかったのかと思ってしまいます。

 

羽山和宏と有布子の顔画像は?

気にある顔写真は現時点ではどのメディアでも公開されていませんでした。

Facebookアカウントを夫婦の名前で検察も掛けましたが、同姓同名が多く本人特定することは難しい状況です。

Twitterやインスタも同様の結果になります。

SNSでの拡散もされていませんでしたので現時点ではネット上には情報はない事がわかります。

今後明らかになりましたら追記していきます。

追記

顔画像が特定されました。

出典 ヤフーニュース

 

借金額はいくらだったのか?

借金額はいくらだったかについてですが、情報は出ていませんでした。

ただ、夫婦が負うことの出来るレベルの借金だと思います。

数百万レベルだと思いますので、わざわざ娘に手を掛けるほどではなかったと思ってしまいます。

自己破産や債務整理をして生活を整える事もできたと思います。

母親は働いていたかについての情報はありませんが、アルバイトをするなど色々と収入を上げる手段はあったと思います。

無理心中を考える前に自己破産や債務整理・収入を上げる手段を考えてほしかったです。

もう娘さんは戻ってきませんので・・・。

追記

妻は無職であった事がわかりました。

無職ならパートも出るなど家計を助ける事が出来たと思います。

長女はどこにいる?

亡くなったのは次女と報道されていたので長女がいたと思われます。

ただ長女の存在については全く触れられていませんでした。

考えられる事としては

実家に預けられていた

事件が起きる前に亡くなっていた

無事だった

このような事ではないでしょうか?

長女には手を出していないと思われますので、実家に預けられていたと思いたいです。

ネットの意見は?

ネットではどのように言われているのか調べてみました。

いくつか紹介します。

親子心中しようとするほど、生活に困りどうしようもなかったかもしれない。
しかし、そのことを3歳の娘さんがどれほど理解出来るのですか?
生活につらいなら、私を殺してとでも言ったのですか。
当然、そんなことありえません。
親の勝手で大切な我が子を殺し、息が絶えてしまったのを見て我に返ったのでしょうか。
あまりにもひどすぎます。

その娘何も悪い事してないのに
借金を苦にしてるのに何で娘を犠牲にするのか

子供は施設に預ければいいじゃん。
自分たちは自己破産でもしてさ。
子供を手にかける以外の道はあるでしょうに。

お金じゃ命は買えないのだよ。
借金と娘の人生と、そんなもん比較にならん。
で、親がら生きてるって。
もうめちゃくちゃ過ぎる。

借金なんかどうでもいいでしょ、娘の命と夫婦の借金、借金が重いわけない!
あまりにも勝手すぎる、生きていればどうにでもなったはず、誰かに相談できなかったのでしょうか?
親は、何があっても子供を守るべき!子供にてをかけてどうする!

夫婦共自分勝手過ぎる!自分達の都合で子供を犠牲にするな! どんなに偉い人間でも自分勝手に人の命の期限を決めてはいけない。

このような意見がありました。

まとめ

今回の事件ではこの結末以外にも方法はいくらでもあったと思います。

自己破産すればよかったと思いますし、債務整理をして返済額を落とすなど思いつくことはたくさんあります。

自分の子供に手を掛ける選択しかできなかった夫婦には相談できる相手がいなかったのだと思います。

行政に頼ってもよかったと思いますし、親戚に頭を下げるなど色々とやれることはあったと思います。

最初に書いた通り今月の10日は子供手当が入ります。

ある程度はまとまったお金ですので、それでやりくり出来なかったのか疑問で残念です。

日本では貧富の差が出てきているとの事ですので、今後このような事件が増えるかもしれません。

事件が起きない為にも消費税が上がったので社会保障を充実させてもらいたいです。

追記

母親は無職でした。

パートや正社員として働き家計を助ければこのような結果にはならなかったと思います。

まずは子供に手を掛けるのではなく、やれることがあったと思ってしまいます。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

あなたにおすすめ