事件

伊藤優の顔画像・Facebookは?動機は?勤め先学校について!林間学校で女児4人にわいせつ!

クジラ速報です!!

信じられないニュースが入ってきました。

それは教師でありながら林間学校中に女児にわいせつ行為をしたとして逮捕された事件になります。

夜間の見回りも自らやると言っていたあたりが悪質さを感じさせられます。

今回はこのような事件を起こした伊藤優容疑者について調べていきますので最後までお付き合いください。

事件について!

事件についての報道は関西テレビでされました。

報道内容は以下の通りになります。

林間学校で信じられない犯行が発覚しました。兵庫県尼崎市にある小学校の教師の男が、女子児童4人にわいせつな行為をした疑いで逮捕されました。

強制わいせつの疑いで逮捕されたのは尼崎市の小学校の教師、伊藤優容疑者(32)です。

伊藤容疑者は今月18日の夜から19日の朝にかけて、林間学校で訪れていた兵庫県香美町にある宿泊施設で、寝ていた小学5年生の女子児童4人の身体を触るなどわいせつな行為をした疑いがもたれています。

今月20日、「児童が痴漢にあったのではないか」と学校関係者から通報があり、警察が防犯カメラを調べたところ、夜間に伊藤容疑者が児童の部屋に向かう姿が映っていたということです。

伊藤容疑者は「間違いありません」と容疑を認めていて、警察は余罪についても追及しています。

引用 ヤフーニュース

このような事件になります。

報道動画もありましたので貼っておきます。

正直あり得ないと思ってしまいました。

林間学校といえば小学生の思い出としてもベスト3に入るぐらいのイベントです。

被害にあった女児はいい思い出のはずが苦い思い出に変わってしまったと思います。

 

伊藤優の顔画像について!

気になる顔写真ですが現段階ではどのメディアでも公表されていませんでした。

SNSでも拡散も調べてみましたが、まだ拡散されていません。

今後明らかになりましたら追記していきます。

Facebookは?

Facebookについては同姓同名のアカウントが多く特定することは難しい状況です。

その他ツイッターやインスタグラムもチェックしましたがFacebook同様、同姓同名が多く特定することは出来ませんでした。

このような事から現段階ではネット上には情報はありません。

動機は?

動機については我慢が出来なかったんだと思います。

夜間の見回りを自ら率先してやってとの事ですので突発的犯行ではなく、計画的な犯行の可能性が高いと思います。

余罪についてもたくさん出てきそうですのでしっかりと調べてもらいたいです。

勤め先の学校はどこ?

勤め先情報ですが、どのメディアでも公表されていませんでした。

今わかっている事は

兵庫県尼崎市立小学校の教諭

住んでいる住所は兵庫県伊丹市南町2丁目

この2点になります。

ただ兵庫県尼崎市立小学校は小学校がたくさんあり特定は難しい状況です。

住んでいる住所の近くに小学校はありますが、別の地域の可能性も否定できないと思います。

伊藤優のプロフィール

現段階で分かっている事をまとめました。

名前 伊藤優

年齢 32歳

住所 兵庫県伊丹市南町2丁目

職業 小学校の教師

罪名 強制わいせつの疑い

このようになります。

小学校の教師の犯行に生徒の気持ちのケアが必要だと思います。

ネットの反応は!?

ネットではどのように言われていたのか調べてみました。

いくつか紹介していきます。

地元紙 神戸新聞は、名前出していません。
今後は、名前を出していきましょう!!
教員免許剥奪ができないなら、名前出していかなきゃ。
今まで、学校や教育委員会は散々名前伏せて、自宅謹慎や研修にして…結局、すぐに復職。
バレてもおおやけにならないとの、特権意識と成功体験が再発防止になるはずもなく。バレないように巧みになり、今も物言えぬ被害者を増やしているでしょう。
我が県では、男児にわいせつ…の新聞記事に「これで3回目」とあり怒りと呆れと…。バレたのが三回目
なのか、被害者はもっといるのかもしれない。田舎でもそんな問題は起こる…教育委員会や学校は、子供の為ではなく、教師を守るためにあるのか…不信感が消せない。

林間学校や宿泊学習は、子ども達にとっても良い経験、良い思い出になり、これは代替の利かないものです。この男はそれらをぶち壊しただけではない。こういう事件があっては、今後の開催も危ぶまれるでしょう。非常に残念で許しがたい行為です。

最近の教師の質が下がってしまったのだろうか。
この様な事件が多すぎる様に思う。
それとも、報道が昔はこんなに無くて 実は昔からよくあった事件なのか….。
学校で子供は誰を信じたら良いのやら..。

このような事件が起きると、子をもつ親としては、学校の行事で宿泊をともなう学習が、子どもの成長にとって本当に必要なのか?安心して預けて本当に大丈夫なのか?と思わざるをえない。
何事もなければ、楽しい思い出になり、子どもの成長にもつながるのだろうが、そのような大変なリスクを子どもに背負わせてまでは行かせたくない。
プロによる警備を依頼するなどの対策を講じてほしい。

未然に防ぐには、こういう性指向の人間を採用しないこと、ただし性の指向は個人の自由であり本人は隠そうとする上に暴露の強制は出来ない、
だったら公的機関によるハッキングを合法化し、児童が関与する職員採用時に、乳児・幼児性愛者や異常性愛者を排除し採用するしかない。
個人情報保護を優先することは結果的には、犯罪が明るみに出るまで異常性愛者の性指向の自由を保護することにもなる。
それ以外に、最も有効な予防手段は無い。
幼児性愛者は、アニメの幼児鑑賞と、専用ドールの購入だけにとどまらず、本当の幼児や児童の画像まで手を出すケースがほとんどであろう、そして環境や条件が揃えば、リアル児童に手を出す。
色々対策をこうじたとしても、巧妙なやり口での犯行までは、なかなか防ぐことは出来ない。

俄かに信じがたいニュース。本人が認めているのだから、間違いないのだろうけれど、なんと説明するのでしょう?
どうかしています。
児童の心のケアを〜 でもいくらケアしても、心の傷は深く残るのではないでしょうか?取り返しのつかないことをしましたね。

このようなコメントがありました。

当然ですが、養護する声はありませんでした。

まとめ

今回の事件では教師を信じられなくなる事件でした。

教師の99%は真面目にしっかりとした人が多いのは頭では理解出来ますが、やはりこのような報道を見てしまうと見る目が変わってしまいます。

せっかくの楽しいはずの林間学校がこのよう事で嫌な思い出に変わってしまったと思います。

この責任は重いと思います。

余罪についてもありそうですので、出来る限り厳罰化にしてもらいたいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

あなたにおすすめ