事故

川島淑斗(かわしまよしと)ちゃんの親は何をしていた?事故原因は?顔画像は?JR東海道線で3歳児が電車にはねられる

クジラ速報です!!

今回取り上げる話題は3歳児が電車にはねられ亡くなってしまった事故になります。

川島淑斗ちゃんが誤って線路に入ってしまったとの事ですが、親は近くにいなかったのか疑問に思ってしまいます。

3歳であれば手を繋がなくてはどっかに行ってしまう年齢です。

今回は事故の状況やなぜ川島淑斗ちゃんが誤って線路に入ってしまったのかについて調べていきますので最後までお付き合いください。

事故の報道について!

事故については共同通信で報道されました。

報道内容は以下の通りになります。

28日午前11時10分ごろ、静岡市清水区由比西倉沢のJR東海道線由比―興津間の線路上で、近所に住む川島淑斗ちゃん(3)が熱海発静岡行きの下り普通電車にはねられた。淑斗ちゃんは病院に運ばれたが、約1時間半後に死亡が確認された。乗客約300人にけがはなかった。

清水署によると、現場は踏切に近い線路上。淑斗ちゃんに気付いた運転士が警笛を鳴らし、急ブレーキをかけたが、間に合わなかった。淑斗ちゃんが誤って線路内に立ち入ったとみて、同署が家族から話を聞くなど詳しい状況を調べている。

JR東海によると、特急2本を含む上下線計30本が運休したり、遅れが出たりした。

引用 ヤフーニュース

このような報道になります。

運転手は川島淑斗ちゃんの存在に気が付き急ブレーキをかけた事がわかっています。

報道の動画もありましたので貼っておきます。

 

親は何していた?

今回の事故で1番気になる部分です。

近くに親がいたのかそれとも別の場所にいたのかですが、現時点ではどのメディアでもこの件については報道されていませんでした。

自宅は踏切の近くである事は報道されていましたので、一緒にいたのではなく川島淑斗ちゃんが1人で家を出てしまった可能性が高かそうです。

運転手が川島淑斗ちゃんを確認し急ブレーキを踏んでいるとの事ですので多少時間があったと思います。

普通親なら手を引くなり事故にならなかったと考えられます。

1人で家を出てしまったとしても親の監督責任になってしまうと思います。

事故原因は?

事故原因については淑斗ちゃんが誤って線路内に立ち入った事で電車のブレーキが間に合わなかったとあります。

3歳ですので、危険察知力がないと思います。

やはり親の責任が問われると思ってしまいます。

顔画像はあるのか?

亡くなってしまった淑斗ちゃんの顔画像ですが、現在どのメディアでも公表されていませんでした。

今後明らかになりましたら追記していきます。

事故現場について!

事故現場はR東海道線由比―興津間の線路上になります。

線路には柵がなかったとの事です。

ネットの反応は?

ネットではどのように言われているのか調べてきました。

いくつか紹介していきます。

3歳児じゃ親は何をしていたのか…
目を離してしまう何かが有ったのだろうが
今後、悔やまれる人生を送るのかと思うと
いたたまれない…

そりゃ3歳、やはり親が責められるわなぁ。
何故目を放す、何をしてたんだと。
自分はもう世間で言う良い歳になった。
自分がまだ幼い時、ちゃんと気に掛けてくれた、目を放さないでいてくれた。
そんな両親に感謝してる。
自分も親の立場になり、いかに子供から目を放さないことの大切さを、いま山梨で行方不明になってる件もそうだが、思い知らされた。
悔やんでも悔やみきれない両親の気持ち、やりきれないだろうね。
お悔やみ申し上げます。

近頃では小さい子供と手をつながずに、一人であるかしている親が多いが、子供はいつ飛び出したり駈け出したりするかわからない。自分の行きたいところだけしか見ていないので、事故にあったりする。少なくとも小学校に行く年齢になるまでは手を放してはいけない。子供の放し飼いは危険だ。事故にあったらそれは親の責任でもあると思う。

こういう事があると必ず思い出す事があります。次女が3歳くらいの時、長女と私と3人でスーパーの帰りに近くの書店に寄りました。そこで何と次女がいなくなってしまったのです。確かに長女と一緒にいたはずだし私も離れた場所にいたわけではないのです。スーッと血が引くのがわかりました。それからは書店の中や近くを探しましたが姿がありません。名前を呼びながら探していた時、スーパーのサービスカウンターに小さい子供がいたと教えてくれた方がいて、駆けつけるとべそもかかずにそこにいる次女を見つけました。あの時の事は今でも忘れられません。探している間、何故、手を離してしまったのか悔やむことばかりでした。亡くなったお子さんの親御さんの自分を責めながら生きていかなければならないであろう先行きを思うと暗澹たる思いになります。

テレビのニュースで見ました。
3歳の子が一人で線路内に立っていたと。

もう、これは親の責任です。
なぜ目を離していたのか。
ネグレクトだったのではと勘ぐってしまいます。
普通の親なら絶対に3歳を一人にはしない。

キャンプ場でいなくなった女の子といい、子供は目を離してはいけないという意識の足りない親が多過ぎる。
アメリカのように親への罰則を法律で定めたらいいと思う。

3歳児の電車好きの息子・・・今は大きいけど
踏切や線路は、中で決して立ち止まってはいけない。
電車が来る音がしたら、すぐに退く
大好きな電車さんに嫌われるから
電車が悲しむのは嫌でしょ

3歳児にどうすれば伝わるか
3歳児だけでなく、これから先にも伝わる方法を考えて
口うるさく伝えた覚えがあります
ダメ。なんてだけではなく、なぜダメなのかを言わないと好奇心のが勝ちます
車の通らない踏切によく行きましたが、踏切が鳴る度に息子達は「きたー」と離れます
電車は憧れですが、危険と隣り合わせなものです

このようなコメントがありました。

ネットでも3歳の子供は目を離せない年齢とか親の責任との声が多かった印象でした。

まとめ

今回の事故は非常に悲しい事故でした。

山梨のキャンプでの行方不明もそうですが、親はしっかりと子供を見ていなければいけないと改めて思い知らされるような事故でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました

 

あなたにおすすめ