事件

喜本奈津子が釈放!略式命令とは?30万の罰金で禁固刑なしに批判殺到!被害者の声も!

クジラ速報です!!

今回取り上げる話題は喜本奈津子容疑者が釈放された件についてです。

しかもたった30万で略式命令で保釈です。

略式命令はあまり聞かない内容です。

今回は略式命令とは何か?保釈に対する世間の声について調べていきますので最後までお付き合いください。

喜本奈津子保釈について!

保釈についてはフジテレビ系(FNN)で報道されました。

報道内容は以下の通りになります。

茨城県内の常磐自動車道で起きた、あおり運転殴打事件で、43歳の男が強要の疑いで再逮捕された。

宮崎文夫容疑者(43)は、8月10日、常磐道で24歳の男性の車に危険なあおり運転をして、無理やり停止させた強要の疑いが持たれていて、調べに対して、容疑を認めている。

宮崎容疑者は、この男性を殴って、けがをさせた傷害容疑で、8月、逮捕されていた。

一方、宮崎容疑者をかくまうなどした疑いで逮捕された、喜本奈津子被告(51)は、罰金30万円の略式命令を受け、釈放された。

引用 ヤフーニュース

このような報道になります。

この事件では最終的には宮崎文夫容疑者をかくまった容疑で終わりになりました。

かくまった罪で罰金で終わってしまいネットでは批判が殺到しています。

逮捕時の映像がありますので気になる方は見てください。

 

 

略式命令とは何?

あまり聞きなれない言葉が出て来ました。

恥ずかしながら略式命令の意味を知りませんでしたので調べてみましたので知らない方はぜひ覚えてください。

調べていくと略式命令とは、簡易な刑事裁判手続になることがわかりました。

略式命令とは法廷で審理が開かれることはなく、書類審査で刑罰が決定されます。

略式命令のデメリットについて!

略式命令では無罪になることはありません。

確実に有罪になってしまいます。

被告側には一切の発言の権利がありません。

略式命令のメリットについて!

メリットについては無罪になる事は確実に有罪になってしまいますが、禁固刑はなく罰金のみになります。

他にも、裁判所に出廷する必要がない事や、裁判そのものがない事になります。

メリットとしては社会復帰が早い事が一番とされています。

喜本奈津子の場合は?

今回のケースに当てはめると、喜本容疑者は罰金で全てが終わった事になります。

有罪判決ですが、この事件で禁固刑になることはなくなってしまいました。

https://twitter.com/kusikinojunko/status/1170619521746423809

宮崎文夫をかくまった以外で起訴の可能性は?

今回の略式命令で保釈が決まった以上この件はこれで終わりになるようです。

30万でこの事件についてはもう終わりですよ!ってことで片付いてしまいました。

今後捕まる可能性は無くなったようです。

被害者のコメントについて!

被害者が今回の喜本奈津子が保釈された事に対しコメントを出しています。

喜本被告が短い期間で出てきてしまうのは、納得することが難しいです。あおり運転がなくなることを願っています

このようにコメントしています。

被害者としても早すぎる保釈だったと言っています。

ネットでの反応について!

あまりにも早い保釈にネットでは批判が殺到していました。

そもそも2017年6月5日に神奈川県の東名高速道路で、あおり運転をされ、被害者夫婦が2人の子供さんの目の前で亡くなってる。そこへきて今回は自分の車と相手の車を止めた後、降りて相手運転手を殴るの暴行。
これだけ世間を騒がせた2つの事件。結果的に未だに国会では「あおり運転罪」なる法律が審議されていない。警察庁は早く国会に法律を提出して欲しい。警察庁がやらないなら議員立法でも良いから法律化して欲しい。
警察としても、今ある法律を酷使して何とか罪を重くしようと努力しているのは分かります。
議員さん方は、日本の法律としてあおり運転罪なるものを制定してほしいね。
今回の常磐道、2年前の東名のあおり運転など重罪犯には二度と免許が取れない法律にしてほしい。

前例を作るための抑止力で長い刑期にしてほしい
それにしても煽り運転の名称がどうもしっくりこない
毎日のように流れる煽り運転の映像はたいていが最初に煽られたり、煽られたと勘違いしてからの幅寄せ、追い抜いてからの急ブレーキ、強引に停車されてからの恐喝だと思う
今回も合流でもたついてBMWに煽られた後に抜かされたのを被害者が煽りかえたしのが当初の原因だと被害者も言ってる
その後の高速上での強引な停車、暴行は言語道断
これをふまえて煽り運転ではなく報復運転に名称を変えてほしい

やっぱり傷害は道具を使ってないから2週間以下だから罰金刑だったんだな。
執行猶予中じゃないと強要罪はほぼ執行猶予らしいですね。
殴られた方も合流でもたついたって言ってたから煽り運転してるのは明白だからBMWの自動ブレーキかかってたらどうなるんだろう。

好き勝手やって、あおり運転に助手席の立場で加わって、全国指名手配犯人を隠匿して、30万で釈放されるそうです。

仮に助手席に乗ってるんが男性で、犯人隠避して犯罪に加わっても・・30万程度で釈放なんだよね。

あおり運転がなくなるには、ほど遠い結末でしたな。

やっぱり日本緩いな…略式命令で30万で釈放だもんな、法律根本的に書き換えた方が良いんじゃないかな。こんなんじゃまた煽り運転とか匿うとかやりかねないよ。消費税10%とか言ってないで、法律全部書き換えてから消費税変えてくれ。

ガラケーおばさん!出てから世の中の制裁が待ってるんですよ!貴方の非常識さに。罰金何て微微たる金額だがガラケー持ってサングラスして散歩でもすれば良くわかるはず。貴方の犯した重大さが!

このようなコメントがありました。

ネットでの30万の罰金で終わりに対しての批判が多かったです。

まとめ

今回の事件では30万で終わりの結末に被害者を含め納得のいくものではなかった事がわかります。

普通であれば止めなければいけないはずですが、一緒になってガラケーで撮影していた事は同罪でもいいような気がします。

このような甘い判決であるとあおり運転の抑止力にはならないと思います。

宮崎文夫容疑者についても同様で、強要罪での再逮捕の報道がありましたが通常では2年以下の懲役が3年以下になっただけです。

異例逮捕でこれですのでまだまだ日本の法律では裁くのが難しいと思ってしまいました。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

宮崎文夫が強要罪適応で再逮捕!何年か?罪は重い?ネットは軽すぎるとの意見!クジラ速報です!! 今回取り上げる話題は常磐道のあおり運転で逮捕され話題になった宮崎文夫容疑者に対し警察は道路交通法違反(車間距離...
あなたにおすすめ