事件

教師いじめ問題が大阪でも!30代の先生は誰?名前は?慰謝料は600万?大阪府南部の特別支援学校

クジラ速報です!!

東須磨小学校のいじめ問題が大きく取り上げれてる中、大阪でもいじめの問題があった事が発覚しました。

このいじめ問題では58歳の女性教師に対し、30代の男性教師が嫌がらせをし急性ストレスと診断され、約3カ月間休職していた事がわかりました。

この女性教師は30代の男性教師に対し、600万円の支払いを求める訴訟を起こしていた事がわかっています。

今回はこのようないじめの問題を起こした男性教師は誰なのか?名前や学校についても調べていきますので最後までお付き合いください。

いじめ問題の概要について!

いじめ問題の概要については産経新聞で報道されています。

報道内容は以下の通りになります。

大阪府南部の府立特別支援学校に勤務する女性教諭(58)が、同僚の30代の男性教諭から何度も罵倒されるなどのいじめを受けたと訴えたにもかかわらず、適切な指導を行わなかったとして、支援学校を運営する大阪府などに対し、慰謝料など計600万円の支払いを求める訴訟を大阪地裁に起こしていたことが16日、わかった。

訴状によると、女性教諭は平成26年6月、男性教諭が、新任の教諭らを高圧的な態度で指導していたため注意したところ、「お前もそこらへんのおばはんと一緒やったのう。見てたらムカムカする。さっさと消えろ」などと怒鳴られた。別の日にも生徒への指導方針をめぐって、多数の教員の前で「俺に恥をかかせた」「謝れや」などと長時間にわたり罵倒されたとしている。女性教諭はその後、急性ストレス障害と診断され、約3カ月間休職した。

引用 ヤフーニュース

このような報道になります。

女性教師は学校にいじめを受けていると学校側に訴えていた事がわかっています。

それに対し学校側は何も対応しなかった事で訴訟問題に発展しています。

神戸のいじめ問題でもそうでしたが、学校側の対応は後手になっていると感じます。

58歳まで教師をしていた女性ですので、色々な問題に直面してきていたと思います、

それでも58歳まで教師を続けていた事からメンタルは強かったのではないかと考えられます。

そんな女性でも急性ストレスと診断され、約3カ月間休職してしまった事は相当な事だと思います。

いじめをしていた30代教師はだれ?

このいじめをしていた30代の教師の名前ですが、現段階ではどのメディアでも報道はされていませんでした。

SNSを確認しましたが現時点では特定はされていませんでした。

このような事に関しては主婦層のGirls Channelやママスタで特定する動きがありますが、まだ報道されたばかりともあり特定されていませんでした。

当サイトではメディアやSNSや掲示板にアンテナを張っていますので、特定されましたら追記していきます。

慰謝料は600万?

慰謝料が600万は多いのか?少ないのか?妥当かについて調べてみました。

過去の判例を調べてみたところ、教師間での判例は見つかりませんでしたが、教師が生徒に対して行った体罰の問題についての慰謝料請求の判例はありました。

千葉県白浜町立白浜中学校で、いじめをしたとして、担任の男性教師が男子生徒の顔や頭、胸などを数回殴る体罰。

症 状
男子生徒は以降、学校を休みがちになり、頭痛や吐き気、意識がなくなるなどの症状が出た。

民事裁判
2004/4/24 千葉地裁館山支部で、町に110万円の支払い命令。
裁判官は、「生徒の脳波に見られる異変は、体罰に起因するとはいえない」としながらも、「原告の頭痛や吐き気などは教諭の体罰によるもの」と認め、「体罰が心身に悪影響を及ぼし、日常生活に支障が生じた」とした。

引用 事件・事故と心の傷について

大阪で支払いが命じられた判例です。

大阪府大阪市の大阪市立小学校で、発達障がいのある男子児童が、小学校1年生の担任の女性教師から残していたおかずを食べることを指導されて、PTSDを再発。
同男児は、発達障がいによる味覚過敏のため偏食が激しく、保育園で保育士に「お化けがいる倉庫に入れる」など脅されて、給食を強要されたことが原因でPTSDを発症し通うことができなくなっていた。
男児の母親は小学校入学前に保育所でトラブルがあったことなどを伝えていた。

症 状
夜に泣き叫ぶなどPTSDの症状が再発。登校ができなくなった。

民事裁判
2005/11/4 大阪地裁で、大阪市に慰謝料など約132万円の支払い命令。
裁判長は、「校長は、男児の状態や障害の特徴を把握し、注意事項を教諭らに周知する義務があるのに、怠った」と認定。

引用 事件・事故と心の傷について

このような判例もあります。

今回の600万はかなりの高額請求になる事がわかります。

ただ、子供ではなく大人がしかも58歳まで教師をしていた女性ですので、いじめの問題としては大きいと考えられます。

その為、特に軽いわけではなく妥当ではないでしょうか。

いじめがあった学校はどこ?

今回の問題が起きた学校ですが、手がかりは大阪府南部の府立特別支援学校になります。

大阪にはこれだけに支援学校があります。

これでは特定は難しい状況です。

先ほどと同様に主婦層のGirls Channelやママスタで特定する動きがあると思いますので特定され次第追記していきます。

いじめの内容は?

いじめの内容はかなりひどいものでした。

扇風機を壊わす

机を蹴ったりする

周囲に対して威圧的な言動を繰り返す

このような事をしていました。

しかも他の教師に対しても行っていて少なくとも同僚の教諭8人が睡眠障害などが出ているとの事です。

また複数の生徒の頭をたたくなどの体罰もあったようです。

処分については?

このようないじめをした30代教師への対応ですが、懲戒処分は行われていません。

学校からの報告書をもとに、教諭に対しては適切に対応した

このようにコメントしていて特に多いな処分はなかったようです。

ネットでのコメントは?

神戸のいじめ問題から世間では教師のいじめに対する反応が強いです。

いくつか紹介していきます。

例の神戸のいじめ教員。
彼らの教え子はかなりの数にのぼるだろうが、そのうちの数人が「この教員の指導を受けたことが原因で引きこもりになった。」と訴えたら、いったいどうなるんだろう?

引きこもり以外に、犯罪を犯したような教え子が居て、その遠因が小学校時代の教員の指導にあったと訴えたら?
今後の展開として十分にあり得る。

訴える先は、問題教員なのか、彼らを採用した都道府県なのか、問題を放置した教育委員会や校長になるのかわからないが、間違いなく行政組織の怠慢と無責任さが問題となる。

次のターゲットは「教員間のいじめ問題」かあ。あそこでも、ここでもありました…って、そりゃボロボロ出てくると思うよ。

でも、それは教員だけじゃなくて、日本のどこでもあることだと思う(とは言え、労働条件がなかなかきついと、起こりやすいんだろうけど)。

日本の「働く」ってことを根本から考えて、さらに「いじめって何?」をちゃんと考えないとなくならないよ。マスコミは無くそうと思ってるんじゃなくて、単に取り上げたいだけだろうけど。

もう少し余裕のある暮らしがしたい…(お金って意味じゃなくて)

いじめは無くなってほしいと思うけど、色んな人間がいればトラブルもあるし程度の違いはあってもこういうことは無くならないんだろうな。

それにしてもこんな人間が支援学校なんかに行ったら生徒は格好の餌食にされそう。早く解雇するなりしてほしい。

私は管理職からパワハラされました。生徒を思って意見した(といっても感想程度のものですが)ところ、1時間半にもわたって恫喝をされました。人事委員会とかに訴えたのですが、「パワハラ」に認定されるには一定期間継続的にパワハラを受けていることが必要なようで、有耶無耶にされてしまいました。

教師同士のいじめあるみたいで、灘の問題の後に子供に聞いたら子供の通う中学でも去年あったと言っていました。
その先生は、今はいません。辞めたのか転勤になったのかは、わかりませんが、生徒が見ても明らかにいじめをしているとか、先生としてあるまじき行為だと思います。

学校に限らず、色々な会社でイジメや高圧的、威圧的な態度を取る人っているんだと思う。氷山の一角でしかない。

加害者側は「そんなつもりはなかった」としか思ってないんだろうけど。

このようなコメントがありました。

まとめ

神戸の一件からいじめに対する世間の反応が厳しくなってきています。

今回の件では男性教師に対する処分がないようですので、おかしな話に感じてしまいました。

生徒に対しても体罰を行っていたようですので、そっちも問題だと思います。

適切な対応をしてもらいたいところです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

あなたにおすすめ