事件

船戸雄大被告に13年!長い?短すぎる?妥当か?類がないほど重くはないに批判か?ネットの意見は?

クジラ速報です!!

今回取り上げる話題は歳の船戸結愛ちゃんが亡くなってしまった事件に対する裁判の結果についてになります。

判決結果は13年の懲役で検察側が主張した18年から5年少ない判決になりました。

この結果に対してネットではどのようなコメントがあるのか?短いのか、それとも妥当な判決だったのかについて調べていきますので最後までお付き合いください。

裁判の概要について!

裁判の概要についてはKSB瀬戸内海放送で報道されています。

報道内容は以下の通りになります。

香川県から上京後に、5歳の船戸結愛ちゃんを虐待して死なせた義理の父親に、東京地方裁判所は懲役13年の判決を言い渡しました。
判決によると、船戸雄大被告(34)は当時5歳の義理の娘、結愛ちゃんを日常的に暴行した上、十分な食事を与えず放置して死亡させました。
判決公判で東京地裁の守下実裁判長は、「香川県から上京したあと、1カ月あまりで体重が4分の1ほど減っているのは、しつけの観点からかけ離れた理不尽な食事制限。苛烈な虐待をし、結愛ちゃんの心臓が止まるまで医療措置を受けさせなかったのは虐待の発覚を恐れた保身のため」などと指摘しました。

一方、「検察側が主張するような、『同種事案の中で類がないほど重い事案』とは言えない」として、懲役18年の求刑に対して懲役13年の判決を言い渡しました。

一連の事件の裁判では、元妻の優里被告(27)が懲役8年の判決を不服として控訴しています。

引用 ヤフーニュース

このような報道がされています。

動画もありましたので貼っておきます。

この事件は世間の注目がされています。

類がないほど重くはないと言っていますが、実際に船戸結愛ちゃんの当時の気持ちを考えて本当に重くないと言えるのでしょうか?

確かに他にもひどい事例はあると思います。

ただ今回の事例は体重が4分の1になっている事は正直涙が出ます。

お腹を減らすことは人間の生きていく中で耐えがたい事です。

それでも過去に類をみないほどひどくはないと言えてしまうことに正直驚きを隠せませんでした。

ただこれはあくまで感情論で法とは別になると思いますが・・・。

因みに弁護側は9年が相当と要求していました。

判決の13年は妥当なのか?

今回の判決が妥当なのか調べていきます。

まず問われている罪ですが、保護責任者遺棄致死になります。

この罪とは以下のような罪になります。

保護責任者遺棄罪(ほごせきにんしゃいきざい)とは、扶助が必要な人物を置き去りにする犯罪です。扶助が必要な人物とは、老年者・幼年者・身体障害者・病人の保護をしなかったという、いわゆる「何もしなかったこと」が罪に値します。

度々、パチンコ屋の駐車場に子供を放置して死亡させたような事件を目にしますが、こちらも保護責任者遺棄致死罪となります。

引用 刑事事件弁護士ナビ

少し引っ掛かる部分があります。

保護責任者遺棄致死とは簡単に言うと何もしなかった事により、亡くなてしまうことのようです。

今回の事件では虐待をしていた事が分かっています。

何もしなかったのは病院に連れて行かなかった事で、病院に行くまでの状態にしたことの罪は問えないのか疑問に思ってしまいます。

ただ亡くなった場合には以下のようなポイントがあるようです。

保護義務がある人物が保護義務を遺棄し、要扶助者を死亡させてしまった場合、殺人罪が問われる可能性もあります。ここで重要なことは「加害者に殺意があったかどうか」です。

この内容は、状況によりかなり議論がされます。例えば、「幼児を山に置いてきて死亡させてしまった」ような場合、「何日も放置して衰弱死してしまった」場合と「数時間置いて行ったら崖から落ちて転落死した」では前者の方が殺害の意志が強いと判断され殺人罪が問われる可能性も高いかと思われます(細かい状況や経緯にもよりますので一概に言えませんが)。

引用 刑事事件弁護士ナビ

この事から今回の事件ではしつけとしての裁判になった可能性が高いと考えられます。

保護責任者遺棄致死の罪の重さですが、3年以上20年以下の懲役になります。

単純に中間は11-12年になります。

今回の判決は13年になるので少し重い判決だった可能性はあります。

因みに妻の優里被告は8年の判決を受けています。

8年では軽い方なのかもしれませんが、控訴している事から反省はしていないのではと思ってしまいます。

ネットではどのように言われているのか?

今回の判決結果にネットではどのように言われているのか調べてみました。

いくつか紹介します。

どこをどう見ても、類がないほど
重い事案だと思いますけどね。

過去にも虐待は沢山あるけど、この件はやはり内容がひどい。5歳の子が受けるにはひどすぎる。虐待死にしては重い刑だけど足りない。 でも結愛ちゃんは親には愛されなかったけど国民皆に愛された。結愛ちゃん忘れないよ。

重い事案とは言えない、か。
まずまずといい、命のなんと軽いこと。

結愛ちゃんが受けた痛み、悲しみ、
絶望はこの判決には値しないと思う。

そんなに重い事案じゃ無いならついでに執行猶予もオマケで付けてあげれば?
裁判官さん!
結愛ちゃんの事は置いてけぼりの判決でガッカリです

すごい国だね。

根っこの司法からして腐っている。

そりゃこういう鬼畜が減るわけないわ。
なにかと理由付けちゃぁこうして「見逃してる」んだからな。

類がない程重い事案と言えない、、、
それでは裁判官はこれ以上の虐待は、どういう状況なら認めるのか?
それを想像できる裁判官こそ、妖怪の世界から現世で裁判官になったとしか思えない。
船戸と同じ種類の人間の形をした悪魔に見える。
私達は、普通想像もつかない虐待内容を知るにつれ余りの酷い行為に、吐き気を覚えた。
5年の減刑は何故?何をしたら重罪に値するの?

この裁判長の言葉は結愛ちゃんを二重に傷付けている。

減刑ポイントがわからない。誰か説明して。なんで5年も減刑されるの?母親は8年の刑が不服らしいが、何が不服なの?どこに情状酌量の余地があるの?結愛ちゃんを守ってあげられれ大人は沢山いたのに、誰にも守られ守れなかった幼女。私は見ず知らずの犯罪者に誘拐された子供より、絶望的に悲惨な事件だと思う。中途半端な裁きで、本当にやるせない。

このような意見が多かったです。

まとめ

今回は判決についてまとめましたが、正直ショックな判決でしたし、そもそも類がないほど重い事案とは言えないには呆れてしまいました。

感情論になってしまっているのはわかっていますが、5歳の子なので単純に18歳までの命の重さなのかと思ってしまいます。

今後30年以上は生きていくであろう人生を奪った罪を考えれば明らかに短く感じてしまいます。

ただこれが日本の法律で妥当な判決だとすれば法律を変える必要があると思ってしまいます。

今後の事を考えてもらいたいと思う判決でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

あなたにおすすめ