【京都市】10万円給付の窓口混乱「年寄りは後回しか」業務時間短縮でマイナンバー取得に手間,みんながイライラ!

※画像はイメージです

新型コロナウイルス感染による区役所などの窓口閉鎖を避けるため、

は窓口業務を11日から最大3時間短縮している。

10万円の特別定額給付金の手続きを進めようと、業務時間の変更を知らずに来庁する市民も多く、
申請書の郵送を待つよう勧める区役所も出始めた

そんな中、インターネット不慣れな老人から「年寄りは後回しか」との声が上がったようだ。

この報道の内容見てゆきたいと思います。

 

感染報道について

この報道は京都新聞社でされた事で明らかになりました。

新型コロナウイルス感染による区役所などの窓口閉鎖を避けるため、京都市は窓口業務を11日から最大3時間短縮している。10万円の特別定額給付金の手続きを進めようと、業務時間の変更を知らずに来庁する市民も多く、申請書の郵送を待つよう勧める区役所も出始めた。

12日午後0時15分。カーテンが下ろされた左京区役所の窓口前で主婦(36)が戸惑っていた。特別給付金のオンライン申請などのため、マイナンバーカードの暗証番号を確認に来た。朝、区に電話したがつながらず、昼に訪れると窓口が休止されていた。「時間の短縮は知らなかった。早く準備したかったのに」と嘆き、自宅で留守番している2人の小学生を心配した。
市が窓口業務の短縮に踏み切ったのは、3月に発覚した右京区役所職員の感染が理由。濃厚接触者となった職員が出勤できず、一部窓口が閉鎖された。市は「同様の事態が懸念される」として、全ての区役所・支所と、3出張所(久世、神川、淀)は朝、昼、夕の計3時間、他の出張所では昼の1時間、開庁時間の短縮を決めた。
市地域自治推進室は「1日当たりの窓口職員の数を減らし、感染者が出ても別の職員でカバーする。閉鎖だけは避けたい」と、理解を求める。しかし、市民への周知は行き届かず、初日の11日は、左京区では開庁前に30~40人が並んだ。右京区でも、約50人が詰め掛けた朝もあった。
窓口は「10万円給付」を早く申請できるマイナンバーカードの手続きをしようとする市民らで混雑している。10万円給付で、市はカードを使ったオンライン申請を15日から始めるが、自宅に郵送される書類を待っていると、申請は6月上旬にずれ込むという。
開庁時間の短縮が「密」に拍車を掛け、区役所が感染拡大の場になる恐れもある。市は、カード交付と暗証番号を忘れた場合の設定変更について、即日での手続きを原則中止。窓口では受け付けだけを行い、カードを後日郵送する方策をとる。全国でカードの手続きが殺到し、システムに支障が出るケースがあったためだ。
さらに右京区はカードの取得希望者に交付まで「少なくとも1カ月半~2カ月かかる」と書いた説明文を配布。職員が「給付金の郵便申請までお待ちいただいた方がいい」と口頭で勧めている。中にはカードがないと支給されないと誤解する人もいる、という。
「感染が怖いから本当は来たくなかった」。12日、同区に来庁した80代の男性は職員の説明を聞いてカード取得を断念。「開庁時間短縮は仕方ないが、カードの有無で支給時期に差が出るから混乱する。ネットに詳しくない年寄りは後回しということか」と漏らした。

【京都市区役所、支所、出張所の窓口開庁時間】
〇全区役所、全支所、久世・神川・淀出張所
午前9時半~正午、午後1時~4時
〇その他の出張所
午前8時半~正午、午後1時~5時
(通常は午前8時半~午後5時)

「10万円給付」に関する京都市コールセンター
0570(074)428(平日午前9時~午後8時、土日祝日午前9時~午後6時)

≪京都市の特別定額給付金(10万円給付)の申請方法≫

4月27日現在で住民基本台帳に記録されている市民が対象。郵送申請とマイナンバーカードを使ったオンライン申請がある。郵送は6月上旬に世帯主に送られる申請書類に記入し、返送する。
オンライン申請は、国のマイナンバー専用サイト「マイナポータル」で申し込む。記入時には同カードの暗証番号が必要で、忘れた場合は区役所窓口で再設定する。申請は郵送よりも早い今月15日から始まる。

≪マイナンバーカードの申請方法≫

マイナンバー通知カードと写真、運転免許証などの本人確認書類を提示し、区役所などの窓口で申請。その際、自分で暗証番号を設定する。後日、郵便で自宅にカードが送られてくる。他にも郵便やネットでの申請もある。詳しくは京都市のホームページで。

京都新聞

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200516-00346884-kyt-l26

このような報道がされています。

 

市が窓口業務の短縮に踏み切ったのは

朝、区に電話したがつながらず、昼に訪れると窓口が休止されていた。

「時間の短縮は知らなかった。早く準備したかったのに」と嘆く声が多く発せられていた

なぜ!短縮されたのか。

開庁時間の短縮
市が窓口業務の短縮に踏み切ったのは、
3月に発覚した右京区役所職員の感染が理由。
濃厚接触者となった職員が出勤できず、一部窓口が閉鎖された。
市は「同様の事態が懸念される」として、全ての区役所・支所と、3出張所(久世、神川、淀)は朝、昼、夕の計3時間、他の出張所では昼の1時間、開庁時間の短縮を決めた。

しかし、市民への周知は行き届かず、

初日の11日は、左京区では開庁前に30~40人が並んだ。

右京区でも、約50人が詰め掛けた朝もあった。

 

10万円給付を早く

マイナンバーカードで手続きをすると早くもらえる!そう信じている人

特に高齢者は思い込んだら頑固に信じ込む!

10万円給付

窓口は「10万円給付」を早く申請できるマイナンバーカードの手続きをしようとする市民らで混雑している。

10万円給付で、市はカードを使ったオンライン申請を15日から始めるが、

自宅に郵送される書類を待っていると、申請は6月上旬にずれ込むという。

開庁時間の短縮が「密」に拍車を掛け、区役所が感染拡大の場になる恐れもある。

市は、カード交付と暗証番号を忘れた場合の設定変更について、即日での手続きを原則中止。
窓口では受け付けだけを行い、カードを後日郵送する方策をとるとのことです。

情報の通達告知行き渡っていない

情報の告知がシッカリしていない結果が下記の声を産む!

「感染が怖いから本当は来たくなかった」。

12日、同区に来庁した80代の男性は職員の説明を聞いてカード取得を断念。

「開庁時間短縮は仕方ないが、カードの有無で支給時期に差が出るから混乱する。

ネットに詳しくない年寄りは後回しということか」と漏らした。

 

 

京都市区役所とは!?

京都市の人口は147.5万人です。


このような場所となります。

 

みんなの声は?

Twitterの声

 

 

 

ネットの声

ネットの意見も見ていきます。

「年寄りは後回しか」後回しでいいと思います。年金受給者は収入は減っていない。収入が急減した勤労者がどれ位いると思っているのか。高齢者であることを振りかざさないで欲しい。中には若い人に迷惑がかかるから、と真面目に自粛されてる高齢者もいます。そういう高齢者は守ってあげたいとも思うし助けてあげたいとも思う。が、いい加減にしろといいたい高齢者が増えてきたようように思う。

 

年金生活者なら、収入が減ってないから、
後回しにして構わないと思いますが。
国はコロナで困っている人をもっと迅速で
優先的に支給出来るようにすべきでした。
今回の事を教訓に、
システムの改善を進めてくれ。

 

年寄りは後回しか

そうじゃなくて、根本的問題は随分前に始まっていたマイナンバー制度に乗っかっていなかったこと。少なくともカードを作っていなかったらネットに詳しいか否かという以前の問題。記者さんは市井の生の声を拾ったつもりかも知らんが、この非常時には行政窓口も相当業務が多忙な筈であり、やることをやっていない人は後回しにせざるを得ない。事実関係を踏まえた上で報道しないと徒に関係省庁を疲弊させることになると思う。

 

後回しでいいでしょ
そもそも年金暮らしの人々の生活がコロナによって大きく貧困するなんてことあり得ないんだから
元々苦しい生活してたんなら、それは自分たちの今までの生活のせいでしょうがと、毎月高い年金払って自分の老後は全く年金もらえないだろう世代の私は思いますうちはネット申請せず申請書が来るのを待ってます
それでいいじゃん、わざわざ役所に出向く事が間違ってる

 

窓口の混乱を避けるためのマイナンバーカードでのオンライン申請だったのに、いまさらカードの申請やパスワードを忘れたなど、結局窓口に殺到。何のためにステイホームしていたのかお忘れのみなさんなのか?早く申請しないともらえないわけじゃないのに、何故我先になのか?給付申請窓口でクラスター発生なんてありそうで笑えない。

 

 

まとめ

「年寄りは後回しか」10万円給付の窓口混乱 業務時間短縮でマイナンバー取得に手間が!

イライラした老人の

一言にすごく反応する人たち!!笑笑 

 

 

 

 




おすすめの記事