【コロナに有効】界面活性剤が新型コロナ対策に有効!! その名も「ママレモン」「ジョイ」など!

※画像はイメージです

えっ!

「ママレモン」ってナニ?

という声が聞こえてきそうですね。

「ママレモン」は台所用の洗剤なのです。

 

情報を見ていきます。

 

報道について

界面活性剤を含む洗剤などは新型コロナウイルスに有効という報道内容は下記の通りです。

 

直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム(0.1%以上)など5つの界面活性剤を挙げた。経産省では、これらを含む家庭用洗剤のリスト(PDF)と啓発用のポスターを作成。洗剤のリストには花王の「かんたんマイペット」や「バスマジックリン」、P&Gの「ジョイ」、ライオンの「ママレモン」「チャーミーマイルド」などなじみ深い製品が並ぶ。

 有効と判断した界面活性剤は以下の通り。

直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム(0.1%以上)
アルキルグリコシド(0.1%以上)
アルキルアミンオキシド(0.05%以上)
塩化ベンザルコニウム(0.05%以上)
ポリオキシエチレンアルキルエーテル(0.2%以上)

引用:https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2005/22/news135.html

 

このような報道がされています。

 

 

経済産業省が有効な界面活性剤を公開

アルコール消毒液の代わりに物品の消毒などに使えるということですよ。

経産省が作成したポスターには・・
※経産省が作成した啓発用のポスターにはこんな馴染み深い製品が。。

花王製品「かんたんマイペット」・「バスマジックリン」
P&G製品「ジョイ」
ライオン製品「ママレモン」・「チャーミーマイルド」

 

有効と判断された界面活性剤は5つほどあるそうです。

  • 直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム(0.1%以上)
  • アルキルグリコシド(0.1%以上)
  • アルキルアミンオキシド(0.05%以上)
  • 塩化ベンザルコニウム(0.05%以上)
  • ポリオキシエチレンアルキルエーテル(0.2%以上)

 

 

 

経済産業省が界面活性剤の有効性評価を依頼したのは・・

 

経産省は4月中旬に独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)に界面活性剤の有効性評価を依頼。

その報告を受け、5月21日に開催した「有識者による検討委員会」で判断した。
なお、NITEは中間結果として塩化ベンゼトニウムと塩化ジアルキルジメチルアンモニウムも有望だとしている。

引用:https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2005/22/news135.html

 

 

このような情報が出ています。

 

一言コメント

界面活性剤が有効らしいというのは、耳にしてはいたものの・・

また、「ママレモン」「ジョイ」が商品棚からなくなってしまうのでしょうか。

でも、「ママレモン」って見かけるでしょうか?

 

 

 

Twitterから・・

 

 

 

 

 

 

みんなの声は?

 

 

 

 

ネットの声

ネットの意見も見ていきます。

ジョイとママレモンの買い占めが心配…

 

そういえばウチの食器用洗剤はママレモンでもジョイでもなかったわ。

 

「ジョイ」「ママレモン」で 除去できる 経産省 が有効な 界面活性剤を公開

また品薄になるの?

 

ママレモン! 最近見ないわねぇ。

 

令和にアマビエが脚光を浴びた事よりも 「ママレモン」が生存してた事の方が衝撃だった

 

 

まとめ

なんだか、急に脚光を浴びだした感のある「ママレモン」

本当に、最近では見かけることもないですが売っているのでしょうか?

それにしても「ママレモン」ってネーミング、あらためて ”かわいい” って思ってしまいました。

そう思われないでしょうか?

 

 

 

 






おすすめの記事