【繁華街にネズミの大群出没】飲食店休業で餌不足が原因か「新しい病気が流行りそう」「都心でも見た」悲鳴続出!

※画像はイメージです

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で多くの飲食店が休業している北九州市の繁華街で、

ねずみの大群が出没しています。

ねずみの駆除業者は休業で餌が少なくなったことなどから、活発に活動をしているのではないかと指摘しています。

この報道を見てゆきたいと思います。

 

新型コロナウィルスの余波

この報道はNEWSWEBにて報道されていました。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で多くの飲食店が休業している北九州市の繁華街で、ねずみの大群が出没しています。ねずみの駆除業者は休業で餌が少なくなったことなどから、活発に活動をしているのではないかと指摘しています。

居酒屋など多くの飲食店が休業したり夜の営業を取りやめたりしている北九州市のJR小倉駅近くの繁華街では、午後9時ごろになると通りに数十匹のねずみが現れ、道路脇のゴミなどをあさる様子が確認されています。

映像を見た全国のねずみ駆除業者などで作る協議会の谷川力委員長によると、生ゴミなどが主食のドブネズミと見られ、ふだんはビルとビルの間の狭い空間や植え込みの中にいるということです。

また、ねずみが増えているわけではなく、人通りが減って警戒心が低くなっていることに加え、飲食店の休業で餌が少なくなったことから人前に現れ、活発に活動しているのではないかと指摘しています。そして、餌を求めて住宅街などに活動範囲を広げることも懸念されるということです。

谷川委員長は「世界中でこのような事例が増えている。繁華街に定着していたねずみが住宅地に広がるおそれがあるのか調べていきたい」と話しています。

引用:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200427/k10012406951000.html

このような報道がされています。

 

 

北九州市の繁華街では

 

ねずみが
居酒屋など多くの飲食店が休業したり夜の営業を取りやめたりしている北九州市のJR小倉駅近くの繁華街では、
午後9時ごろになると通りに数十匹のねずみが現れ、道路脇のゴミなどをあさる様子が確認されています。

 

 

 

ねずみ駆除業者によると

映像を見た全国のねずみ駆除業者などで作る協議会の谷川力委員長によると、

生ゴミなどが主食のドブネズミと見られ、ふだんはビルとビルの間の狭い空間や植え込みの中にいるということです。

また、ねずみが増えているわけではなく、人通りが減って警戒心が低くなっていることに加え、

飲食店の休業で餌が少なくなったことから人前に現れ、活発に活動しているのではないかと指摘しています。

そして、餌を求めて住宅街などに活動範囲を広げることも懸念されるということです。

谷川委員長は「世界中でこのような事例が増えている。

繁華街に定着していたねずみが住宅地に広がるおそれがあるのか調べていきたい」と話しています

 

近くに住んでいる人は、恐怖を感じるでしょうね。

 

 

 

北九州市とは!?

北九州市の人口は96.13万人です。

 

このような場所となり詳細な場所についての情報は出ていません。

詳細な情報はプライバシーの観点から公表はされない可能性が高いかと思います。

 

みんなの声は?

Twitterの声

ネットの声

ネットの意見も見ていきます。

駆除業者も休業中だよ
働く人なんていやしない

 

地震の前触れかも
知らんけど

 

北九州なら大丈夫
ネズミごときが生き残れる場所じゃない

 

ねずみを媒介する新しい病気が発生しそうだCHU

 

ペストが流行りそう

 

 

まとめ

北九州市の新型コロナウィルスの余波情報でした。

これ以上の感染拡大を防いでもらいたいです。

 

 

 

 

 




おすすめの記事