孫正義氏の「抗体検査キット」に医療機関から申し込み殺到–わずか4時間で15万個が終了

※画像はイメージです

ソフトバンクグループ会長兼社長の孫正義氏は
5月9日、自身の
Twitterアカウントで、医療機関向けに無償で提供する「新型コロナ抗体検査キット」の申し込み受付を開始。

同日中に申し込みが第1次入荷分である15万個に達し、受付を終了したことを発表した。

この報道を見てゆきます。

 

報道の概要

この情報ははCNET Japan社により下記内容にて報道されました。

 

 

ソフトバンクグループ会長兼社長の孫正義氏は5月9日、自身のTwitterアカウントで、医療機関向けに無償で提供する「新型コロナ抗体検査キット」の申し込み受付を開始。同日中に申し込みが第1次入荷分である15万個に達し、受付を終了したことを発表した。

 孫氏は、5月2日に「ソフトバンクグループの社員と家族の全てに新型コロナ抗体テストを提供する方針決定」とツイート。200万個分の検査キットを発注したことを明らかにした。あわせて、利用を希望する医療関係者や介護関係者にも無償で提供する方針を示していた。

 また、5月8日には検査結果の写真とともに「私の友人で感染者の場合、抗体テストでも陽性のラインが明確に出ました」とツイート。その検査精度に問題がないことをアピールした。

 そして、5月9日13時12分に、医療機関・診療所・歯科医院など向けの抗体検査キット無償提供の受付フォーム(「Googleフォーム」)を、Twitterで公開。それからわずか4時間後の17時34分に、671の医療機関などから15万個分の申し込みがあり、第1次の受付を終了したことを発表した。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200509-35153501-cnetj-sci

このような報道がされています。

 

200万個分の検査キットを発注

200万個分の検査キットを発注したことを明らかにした。

利用を希望する医療関係者や介護関係者にも無償で提供する方針を示していた。

孫氏は、5月2日に「ソフトバンクグループの社員と家族の全てに新型コロナ抗体テストを提供する方針決定」とツイート。200万個分の検査キットを発注したことを明らかにした。あわせて、利用を希望する医療関係者や介護関係者にも無償で提供する方針を示していた。

また、5月8日には検査結果の写真とともに「私の友人で感染者の場合、抗体テストでも陽性のラインが明確に出ました」とツイート。その検査精度に問題がないことをアピールした。

詳しくは下記ツイッターのツイートを見てください。

 

 

孫正義氏のツイッター

孫正義氏のツイッターを見てみましょう。

 

 

孫正義氏プロフィール

孫正義
読み方:そん まさよし

孫正義とは、日本を代表する実業家の一人で、ソフトバンクグループの創業者である。

1957年8月11日、佐賀県鳥栖市生まれ。在日朝鮮人2世の次男で、朝鮮語ではソン・ジョンウィと発音する。

はじめ通称名の安本を名乗っていたが、後に朝鮮名の孫正義として日本に帰化した。ちなみに、

実業家でアジアングルーブ代表取締役の孫泰蔵は孫正義の実の弟にあたる。

孫氏は1974年に久留米大学附設高校を中退し、16歳で単身アメリカに渡った。

1980年カリフォルニア大学バークレー校を卒業。専攻は経済学だった。

大学在学中に音声装置付きの多国語翻訳機の試作機を開発して、当時シャープ専務の佐々木正氏に1億円で買い取られた。

佐々木氏にはその後ずっとソフトバンクの相談役をしてもらっている。

その資金でユニソンワールドという企業を立ち上げ、1980年に日本へ帰国するまで米国での経営を続けた。なお、米国へ留学中に、当地で出会った日本人留学生の女性と結婚している。

帰国後は自身の経営していた米国企業を売却した資金から事業を計画し、「日本ソフトバンク」を設立。ソフトウェアの卸売り業や出版業などを始めた。1983年重い慢性肝炎にかかり、その後3年間入退院をくりかえして苦しい時期を送る。ただ、その期間は読書に没頭して、病床を格好の充電期間に変えてしまった。その間のデータベース事業の失敗などで借金ができたが、それを返すために「電話をする際に自動的に一番安い回線を選ぶ装置」(NCCBOX)を発明し、これによって逆に20億円を稼いだ。

いわゆるネットバブルの崩壊の前に、米国Yahoo!社に多額の出資を行う。米国Yahoo!が成功したことによって多額の資金を獲得し、氏の知名度も急激に上昇した。この成功によって得た資金を、さらに様々な分野に投資をおこなっている。

1990年に社名から「日本」の字を取って「ソフトバンク」と改め、世界を視野にいれた事業展開を始めた。1994年には苦節13年を経て株式を店頭公開した。このとき、ビルゲイツからはお祝いの手紙が届いたという逸話が残っている。1996年にはYahoo! Japanを設立し、2000年5月には米NASDAQと提携してナスダックジャパン(現ヘラクレス)を設立した。

2005年現在、ソフトバンクグループ全体としては、ソフトウェアの卸売り、出版、eコマース、金融、証券、ベンチャーキャピタル、Yahoo! BBなどの通信事業、放送事業などの分野にも事業を広げ、球団も獲得するなど、日本を代表するIT関連企業となっている。

ちなみに、「二十代で名乗りを上げ、三十代で軍資金を最低で一千億円貯め、四十代でひと勝負し、五十代で事業を完成させ、六十代で事業を後継者に引き継ぐ。」という氏の「人生50年計画」は、いまや格言として有名となっている。

引用https://www.sophia-it.com/biography/content_jp_great/%E5%AD%AB%E6%AD%A3%E7%BE%A9

 

みんなの声は?

Twitterの声

 

 

ネットの声

ネットの意見も見ていきます。

医療機関などに無償で提供
本当に凄いことだと思う。ありがとうございます。
この検査キットが、医療に、そして経済の再開に大いに役立つことを期待してます。

 

検査の精度は100%ではないので注意が必要ですが、特に感染のリスクの高い医療従事者などを中心に検査が行われることは良いことだと思います。

 

これ絶対医療機関には必要だと思う。
もし陽性で現在感染していなければ、安心して医療現場に立てるし、
陰性ならば感染対策を万全にして対応する必要があることがわかる。こういうことは国が初めにやるべきことだと思うが、
せめて防護服やマスクは各病院に提供してください。
それは国として最低限やるべきことです。
アベノマスクはやめていいです。
その予算をそちらに回して。

 

このキットって中国産の「INNOVITA」?だとしたら「本検査キットは、新型コロナウイルスの抗体の有無を見るための研究用試薬キットとしての使用に限定され、診断等には使用できません」と書いてあるらしんですが。当然裏取りして報道しているんですよね?マスクも一流とか仰っていたBYDですが、米国から認証無く5月末までに取れない場合は・・・・・って状況らしいですが大丈夫ですか?

 

最近IT系オーナー会社のトップの行動発言がおかしくなっている。未承認の検査キットを販売や提供したり、N95マスクを億枚単位で提供できると発言したり、自分の価値を高める為にメディアを通じてピーアールが激しい。今回も未承認なのに、本当に医療機関が入手しようとしたのだろうか。「おもちゃ」として使うならわかるが。それよりN95マスクの提供はどうなったのか。医療現場はN95マスクは現在も不足しているだろうし、今後の第2波に供えて備蓄が必要なはずなのだから、本当に1億枚/月調達できるのなら、日本だけでなく、世界中で助かるはずなのに、その後が聞こえてこない。そんな発言は皆困惑するだけだ。

 

 

まとめ

このキットって中国産でないことを祈ります!
孫正義さん凄いですね!

 

 

 




おすすめの記事